太陽光発電 得

太陽光発電って得なのでしょうか、損なのでしょうか?

 

節約主婦画像

太陽光発電の利用者は口を揃えて、太陽光発電システムを導入すると電気を使用する際の心構えが大きく変わると言います。

売電メーターと買電メーターがあって電気が余ればその電気を電力会社に売ることができるのですから、節電や省エネに興味を持つのは自然ななりゆきです。

利益を得ながらエコに貢献できるのですから、こんなに嬉しいことはありません。

 

現在、売電価格は、国が積極的に太陽光発電を薦めていることから、システム導入後10年間、買電価格より高い国が定めた値段で買い取ってもらえることが決まっています
つまり、自分で電気を消費するより売る方が電気の値段がずっと高いのです
ソーラーでたくさん発電させて売電するほどお得なわけです。

 

家庭で使用する電力の一部もしくは大部分を太陽光発電で賄うことができるようになるので、電力会社に支払う電気料金が大幅に安くなります。

売電収入は電気料金の支払いとは別に振り込まれるので、同時に相殺されるわけではありませんが、今月は電気料金が3000円引き落とされて、売電収入の入金が1万円あったというように、売電の方が買電より多ければ黒字になります。

 

現在、太陽光発電のメーカーでは蓄電システムの開発に力を入れています。
太陽光発電は、電気を瞬間的に発電させることはできますが蓄電機能を持ちません。
今後、蓄電システムと太陽光発電を備えれば、夜間でも買電をしないで太陽光発電を使えるので、さらに節電ができるようになると期待されています。


 

さらにお得にするために重要なこと!

 

計算上、太陽光発電がお得であることはわかりました。
ただ、もう少し別の角度から考えてみたいと思います。
太陽光発電を設置、契約、使用していくに当たり、一番注意しなくてはいけないのが「トラブル」です。

 

よくあるトラブルとしては「屋根からの雨漏り」「詐欺」「故障」です。
こういったトラブルが起きてしまうと、計算上は「得する」という計算が、一気に赤字になってしまう可能性があります。
そこで、重要なポイントになってくるのが「設置業者選び」です。
ひどい業者に当たってしまうと大変です。
「高い安い」の金額でなく、信頼できる業者選びが重要です。

 

ですが、どの業者が信頼できるかどうかわからないのが普通です。
そこで今話題なのが、「設置実績が豊富で、信頼できる業者を紹介し、相見積りして比較ができるサービス」です。
トラブルゼロの業者、雨漏り対策がバッチリの業者、設置実績の多い業者、太陽光発電クレームにすぐに対応できる・・・さまざまな業者が登録されています。
相見積もりが取れるので、金額の比較ができるのもポイント。
地域によって、日照時間や天気等の影響で設置ノウハウが変わってくるので、まずは地域に密着した業者さんの見積りを取り寄せてみるのがおすすめです。
無料で見積りがとれますので、まずは気軽に金額を見比べてみるといいですよ。

 

タイナビ

太陽光発電の業者一括見積サービスとしては日本一の利用者を誇るのがタイナビ。テレビや雑誌でも数多く取り上げられています。独自の厳しい基準を設けて、そこをパスした業者のみを紹介しているので、圧倒的に優良業者登録率が高いのが特徴。無料で5社まで一括見積ができます。

 

タイナビ